質屋スタッフのここだけの話~査定・ジャンル別②~「バッグ・財布編」【愛知・岐阜の質屋】【かんてい局名古屋東郷店】

質屋スタッフのここだけの話~査定・ジャンル別②~「バッグ・財布編」【愛知・岐阜の質屋】【かんてい局名古屋東郷店】

ご来店ありがとうございます!

かんてい局名古屋東郷店です!

前回の「腕時計編」に続きまして

取り扱う数の多い商品「バッグ」と「財布」の

査定額のポイントについてをお話ししようと思います。

前回の投稿を見る

目次

  1. 付属品
  2. 見た目
  3. 状態
  4. 時期
  5. 熱意
  6. まとめ

付属品

 ●箱や布袋 

時計と同じで買った時についていたものがないと

査定額が落ちてしまう!

大きなバッグには大きな箱!

箱で場所をとってしまうので捨てたい気持ちはわかりますが

手放すときの査定額の覚悟は必要ですね!

 ●保証書(ギャランティ) 

箱や布袋と同様 買った時についているものなので

箱の中にでも入れて取っておきたい。

ブランドによっては 商品がいくら綺麗でも

ギャランティがないと買い取れないものもあるので要注意です!

見た目

 ●ほこりや汚れを取り除く 

時計と同様 買い取れないと お店が汚れを取り除くことができない

もし買取前に拭き取ったりしてしまうと 壊しかねないので・・・

そういった意味で 事前にできる範囲で 綺麗にしておくと

本来の価値で査定してもらえる

部品を外したり、奥の奥まで綺麗にしようとすると

余計な傷が入ったりしていしまうので

あくまでできる範囲で

状態

 ●劣化・ベタ付き 

ルイヴィトンやシャネル、エルメスなど有名ブランド商品でも

時間が経つと 表面が劣化したり

内張り・内ポケットなどにベタ付きが出てしまうことがある。

もちろん査定としてはマイナスポイントになってしまうが

事前に鑑定士に伝えてみよう!

 ●イニシャルが入っている

プレゼントや自分のご褒美に購入した際に入れるイニシャル

一度入れた刻印は消すことができないので

マイナスポイントとなってしまうが

これも事前に鑑定士に伝えてください!

以前、イニシャル入りの財布を当店で購入しようとしたお客様がいました。

お客様はイニシャルが入っていることに気づかず 購入を決意!

スタッフがイニシャルが入っていることをお伝えしたところ

まさかのお客様のイニシャルが一致!という奇跡がありました!

そうそうないことですが

こうゆうことも稀なので 申し訳ないですが査定額は少し下がってしまいます。

時期

 ●価値が落ちる前に 

基本、新品状態の時が一番価値があり

買った瞬間に一気に価値が落ち

時間が経つにつれ どんどん落ちていってしまう

新しいモデルが出たり、廃盤になったり

流行ものだとなおさら

手放すなら早めおオススメします!

ブランドや状態にもよりますが

20年以上前の物でも高額に査定されるケースもありますよ!

 ●価値が高いときに 

稀に価値が上がるもの、再浮上するものがある

特に限定品だったり

それでも上がり続けるわけではなく

上がったり 下がったりしているのでタイミングを逃さないように!

熱意

 ●お客様の希望金額 熱意を込めて伝えてください! 

最後に大事な大事な重要なことです!

相場からズレていると 困りますが

「これだけのお金が必要なんです!」

「今、この商品が欲しいんで これくらいの金額に!」

そんな熱意と現実的な希望額を伝えていたでければ・・・

査定額が下がるポイントがあっても

下がる幅が減るかもしれません

まとめ

どうしても増えてきてしまうバッグ。

一部のバッグを除いて 使わないと思った時が一番の売り時!

すぐに箱など付属品を探してみましょう。

当店、査定無料!駐車場無料!予約不要!です。

ぜひ、かんてい局名古屋東郷店にお越しください!